多言語映像通訳

コールセンターを利用した多言語映像通訳サービス。
スマートフォン/タブレット端末で三者間通訳を実現。

インバウンド対応として外国人のお客様に接客する際、スマートフォン/タブレット端末から当社コールセンターに繋ぎ、お客様、店舗スタッフ、通訳オペレーターの3人で同時通訳にて会話する通訳サービスです。

サービスのポイント

  1. ポイント1

    いつでも・どこでも、瞬時に通訳を呼び出せます

    スマートフォンやタブレット上の簡単な操作で、必要な言語を話せる通訳オペレーターを瞬時に呼び出せるので、急な外国人観光客への接客にも対応可能。また、iPad / iPhoneを手に店内や別フロアに移動しながら、外国人観光客を“おもてなし”することもできます。

  2. ポイント2

    映像通訳ならではのメリット

    お客様の状況を視覚的に捉えられるため、問題解決がスムーズです。お互いの表情が見えるため、コミュニケーションが取りやすく、安心感を与えられます。

  3. ポイント3

    シェアード型サービスの為、高品質・低コストでご提供可能(1ヶ月定額かけ放題)

    訪日外国人の不満は言語に起因した内容が全体の75%を占めています。「多言語映像通訳」を利用することで、オペレーションコストの効率化と売上機会損失を回避することが可能です。

小売店舗 三者間通話:外国人観光客←→映像コール端末 店舗スタッフ(日本語)←→映像コール端末 映像コール端末←Wi-fi・3G・LTEでの通信が可能です→Bewith 多言語対応オペレーター

料金とサービス内容

使い放題で月額7,980円(平日9時~18時、映像通訳対応、税抜)
初期導入費用50,000円(税抜)

提供可能言語
中国語、英語、韓国語
運営日
9時~18時/365日(時間延長のご相談も承ります)
利用端末
スマートフォン・タブレット
通信手段
Wi-Fi、LTE、3G

ビーウィズ品質を支える仕組み

期待できる効果

売上機会損失の回避
外国人観光客の利便性、満足度向上
店舗スタッフの負荷軽減
店舗スタッフ採用・教育コスト削減

関連サービス

幅広い領域のインバウンドセンターを、適切な応対品質で運用します