1. HOME
  2. 会社情報
  3. 教育

教育

教育トピックス

教育関連のトピックスをご紹介します。

今月の総研修受講時間375時間

2016年度 2361時間 2017年度 4280時間 2018年度 12500時間
2019年1月現在
2/6 OmniaLINK研修
コールセンターシステムOmniaLINKと、時代を取り巻くAIの実情について学びます。
1/17 コンプライアンス研修
新たにコンプライアンス研修を開講しました。全SVが参加し、その重要性を学びます。

日本コールセンター協会 CCAJスクールにおける講座担当のお知らせ

日本コールセンター協会の主催するCCAJスクールにおいて、弊社教育部門長が講師として認定され、講座を担当しています。

担当講座
  • スクリプト・FAQ作成講座 ~効果的なスクリプト・FAQを、効率よく作成する~
  • トレーナー育成講座 ~集合研修にも個人指導にも強くなる~
担当講師
ビーウィズ株式会社 品質マネジメント部 部長 仲江洋美

CCAJスクールに関する情報は、http://ccaj.or.jp/ccaj_school/新しいウィンドウで開きますよりご確認ください。

ビーウィズのSV教育

ビーウィズが、クライアント企業の顔としてお客様との接点を担う以上、お客様と接するオペレーターのスキルと質、そしてオペレーターを管理育成するスーパーバイザーの質は、クライアント企業のイメージを決める大変重要な要素です。
ビーウィズでは、確かな質のオペレーションを提供するため、オペレーターに対する基礎教育はもちろん、管理する立場のSVの教育にも力を入れることで、常に改善活動を進めることの出来る、体力ある組織運営を目指しています。
社内のSV教育専門部署にて、独自に設計・開発したメニューで実践的に学び、センター運営に活かしています。

スーパーバイザー専門教育

スーパーバイザーの特殊スキル領域を補うための、充実のオリジナル教育

センター管理・顧客理解・マーケティング・数値管理等、スーパーバイザーの仕事は、一般論の習得だけでは、その広いスキル領域を補いきれません。
ビーウィスでは、教育専門部署にて企画・開発したオリジナル研修プログラムを全社のスーパーバイザーに実施し、センター運営・マネジメントのプロとしてのスーパーバイザーを育成しています。

ビーウィズSV教育体系

活きた知識・スキルのための、実践研修

講義での研修だけでなく、思考力・行動力・視野・姿勢等、活きたスキルにしていくための実践研修も充実させています。少人数制の研修で、受講者同士でフィードバックしあいながら、お互いの傾向を確認し、確実な成長につなげます。

実践研修メニュー

  1. 架空センター
    設定読み込み
  2. ケーススタディ
    ワーク
  3. 実践録画・録音
  4. 実践内容確認
  5. フィードバック
思考力 概念理解力 自己研鑽 指導力 視野 協調性 意思表示力 臨機応変な行動力 計画力 問題提起力
実践研修で磨かれる総合力

常に向上機会を提供するための、継続的研修実施

研修は、SV自身が気付きを得て、日常の改善活動に活かすための学びの場です。そういった機会を定期的に持つことで、成長機会の創出に繋げています。
ビーウィズでは、年々研修を充実させており、今年度は、年間計12000時間の教育時間を持つことを目標に掲げています。

  • 年間研修時間は、全スーパーバイザーの研修時間の合計時間です。
2016年度 2361時間 2017年度 4280時間 2018年度 12500時間
2018年度 教育目標

オペレーター教育

スキルを最大限活かすためのバランス教育

センターのお客様応対を担うオペレーターには、業務知識はもちろん、オペレーション力や、意欲、協調性等様々な要素が求められます。ビーウィズでは、オペレーターのスキルを最大限に伸ばせるよう、研修プログラムを工夫しています。クライアント企業の業務設計に応じて、適切な研修設計・実施をいたします。

知識 行動(オペレーション) 意欲 協調性 参加型研修 業界知識研修 トレンド教育 フィードバックトレーニング スキル別研修