営業担当 / 西久保 和行

提案は何事もクライアント目線で、細部までこだわり、魂を込める

営業担当 / 2014年入社

営業 同業から転職

入社の決め手:経営の安定感や転勤がないことなどが、転職の決め手に

前職は、業界最大手の同業他社でコンタクトセンターの営業として、約10年勤めました。しかし、経営体制が頻繁に変わり、そのたびに雰囲気も方針も変わることから、ずっと違和感を覚えていました。そんな中、住宅を購入し、第一子が誕生したちょうどそのとき、札幌への転勤命令が出たことで、転職の意志が固まり、同じ業種の会社を中心に転職活動を行いました。当時、ビーウィズは三菱商事とパソナグループの合弁会社で経営に安定感がある点と、出身である和歌山県にセンターがあった点、営業は基本的に転勤がない点がポイントとなり、入社を決めました。

今の仕事:流通・小売系企業を対象とした部門で、プレイングマネージャーを務める

現在、所属しているのは流通事業部で、化粧品・健康食品・アパレルなどの通販や小売系の企業をターゲットとした、コンタクトセンターおよびBPOの営業活動をしています。その中で私は、メンバー数名の営業ユニットを率いつつ、自分も一営業担当として新規クライアントの発掘、既存クライアントのフォローを行っています。今期より副部長として、営業だけでなくオペレーションもみることになり、身の引き締まる思いです。

仕事のやりがい:メンバーの成長を感じた2年間は、自分自身の成長にも繋がった

これまでは自分が中心となって提案を進めればよかったのですが、2年前に営業ユニットのマネジャーを拝命してからは、自身の営業活動をしながら、若いメンバーの状況把握をすることの難しさを感じています。1案件だけでも情報量は膨大ですが、メンバーが抱える案件も把握しようとすると情報量が多く処理しきれないこともありました。いろいろ失敗もしましたが、大型案件を受注することができましたし、メンバーの成長も感じることができました。この2年間は、自分自身の成長にもつながっていると思います。

心がけていること:何事もクライアント目線で、細部にまでこだわり、魂を込める

仕事をする上で心がけていることは、何事もクライアント目線で考え、細部にまでこだわること。そして、提案書には魂を込めることです。そうして無事に案件を受注した際は、とてもうれしく思います。クライアントのビジネスのこと、そして製品・サービスを利用するお客様のことを色々と想像し提案したことが形になるのはもちろんですが、実際にセンターがオープンすると同時に電話が鳴り始め、徐々に電話が増えていき、たくさんのオペレーターの声が、センター内に反響していく様子は、いまだにとても感動します。

挑戦したいこと:高いインプット能力と処理能力を身に付けたい

今後の目標は、インプット能力を高めることです。これまでも勉強はしてきましたが、今後も業界研究を進めていきます。また、どんな経験も営業の幅を広げることに繋がると思うので、営業とは関係の無いこと、例えば社内イベントを企画する、消費者として新しいサービスを利用してみる等、分野を問わず何事も経験しインプット量を増やしたいと思います。そして、もし実現するのであれば、ビーウィズブランドの化粧品や健康食品の開発や販売をしてみたいです。

ビーウィズの魅力:仲間意識の高い環境・社風が、自分に合っている

ビーウィズの中で、自分に合っている環境・社風といえば、自由闊達な上司と、上司を上司だと思っていない部下による、仲間意識の高いオペレーションです。また、営業について言えば、熱い思いと洞察力、そして少しのコミュニケーション能力があれば、業界経験がなくとも十分に勤まると思います。実際に、コンビニエンスストアのスーパーバイザーから、業界未経験で中途入社したメンバーが、1年半で当ユニットの稼ぎ頭に駆け上がりましたから。

家族サービスに従事する、休日の私

ある高級革靴を手に入れたことがきっかけで、職人さんの作る革靴の造型の美しさに惹かれ、それ以来、熱心に靴磨きをしています。休日は家事の手伝をします。小学1年生の息子がポケモンにはまっていて、毎週ポケモンのアーケードゲーム機が置いてあるところに一緒に行きます。最近はスーパー銭湯に通っていて、サウナと水風呂へ交互に入ることで、新陳代謝を促進して「つや肌」を目指しています。