営業担当 / 塩谷 豪太

信頼関係を構築するため、社内外を問わず誠意を持って対応します

営業担当 / 2016年入社

営業 同業から転職

入社の決め手:さらなる成長とパソナグループの相乗効果を見込み、転職先を選定

業界最大手の競合他社でコンタクトセンターの法人営業を経験し、移動体通信の販売代理店で代理店営業、通信機器メーカーの法人営業を経て、ビーウィズに転職しました。転職先には前職の経験を活かせる企業を考えていたため、コンタクトセンターのアウトソーサーはターゲットの筆頭でした。その中でビーウィズを選んだポイントは、今後のさらなる成長が見込めることと、パソナグループとの相乗効果により人材確保に有利だと考えたことです。また、自分が通信業界を担当する部署に配属される予定だと聞き、それならば前職の経験が活かせると考えました。

今の仕事:通信業界の企業に向け、コンタクトセンターやBPOに関するサービスを提案

通信業界の企業様をターゲットとした、コンタクトセンターおよびBPOの営業です。新規クライアントの開拓、既存クライアントへのフォローが中心ですが、ビーウィズは、製造にあたるオペレーションと販売にあたる営業のどちらも行う「製販一体」組織のため、オペレーションに近い立場での業務もあります。また、パソナグループでは、コンタクトセンター・BPO案件をビーウィズに集約する流れがあります。本年度はその流れを受けて、大規模派遣業務へ参入したこともあり、クライアントとの交渉はもちろん、数十人の派遣スタッフと面談することもありました。

仕事のやりがい:大きな案件を任せてもらうことで人脈を築くことができた

私が受注した案件で、クライアントから感謝の言葉をいただけたときはもちろん、たとえ失注した場合でも、自分自身の中で「やりきった」「成長できた」と感じられたときには、仕事のやりがいを感じます。グループ企業からの業務移管を主幹でやらせていただたい際は、営業としてクライアントと交渉することはもちろん、数十人のスタッフの面談も自分で実施しました。中途で入社して間もない自分に大きな案件を任せてもらえたことで、新たな業務知識の習得や、社内の人脈を築くことができましたし、営業の立場を超えた目線で業務を遂行することができました。

心がけていること:信頼関係を構築するため、社内外を問わず誠意を持って対応する

仕事をする上で、クライアントから「この人は信頼できる人だ」「安心して仕事を任せられる」と思っていただけることが重要だと考えています。そうした信頼関係を構築していくためにも、社内外問わず誠意を持って対応することを心がけています。コンタクトセンターの営業はクライアントの業務を理解する必要があり、苦労する部分も多いですが、それぞれの業界を深く知ることができる点に面白さを感じています。日々の生活の中で、担当しているクライアントのフリーダイヤルを目にしたときは、思わずニヤリとしてしまいます。

挑戦したいこと:つねにアンテナを張ってクライアントに最善の提案を

ビーウィズとして取引実績が無い通信系企業の受注が目標です。また、いずれは会社を経営する立場の視点を持って業務に取り組みたいと考えています。その目標を達成するためには、業界業種にとらわれず、つねにアンテナを張って情報を収集していくことが重要だと思います。また、コンタクトセンターにとってAI活用は最重要トピックスなので、AIについても勉強し、クライアントに最善の提案ができるようにしておきたいです。

ビーウィズの魅力:中途で入社しても、すぐに仕事を任せてもらえる

ビーウィズには、会社を成長させたいと本気で考え、真剣に業務に取り組んでいる社員が多いです。また、中途で入社しても、すぐに仕事を任せてもらえる環境ですので、会社になじむまでの期間は短いと思います。私が配属された情報通信営業ユニットは、思った以上に少数精鋭でした。自分が対応しなくてはならない業務範囲が広く、大変ではありますが、そのぶんやりがいがあると感じました。

ドライブをすることが多い、休日の私

休日は、ドライブをすることが多いです。以前はサーキットなどに行くこともありましたが、最近は景色がきれいな場所に行ったり、歴史的な建造物をめぐったりと年齢相応のドライブを楽しんでいます(笑)。洗車してピカピカになった愛車を眺めるのもストレス解消になっていて、ここのところ洗車の頻度が増えています。あと、体の衰えを感じ始めたため、たまにジョギングをしています。軽く走ると、血行が良くなり体の疲れが取れたりします。